リスク回避のドル買い戻し優勢に ドル円は107円台前半で膠着=NY為替後半

為替 

 NY時間の終盤に入ってもドル買いの動きが続いている。きょうのNY市場はリスク回避の雰囲気が強まる中、為替市場はドル買い戻しの動きが優勢となった。米株に戻り売りが強まり、ダウ平均は一時500ドル超下落する場面もみられた。米国債利回りも低下する中、為替市場はリスク回避のドル買いが強まった格好。

 感染第2波の拡大が続いており、きょうはそれに敏感になったようだ。フロリダ州の死者と入院者数が過去最高となっている。全米の1日の新規感染者数は6万2000人を超えるなど悪化が続いており、期待ほどの景気回復は見られないのではとの不安も根強い。

 本日は米新規失業保険申請件数が発表になっていたが、131.4万人となっていた。申請件数の鈍化は続いているもののペースは緩んでいる。ただ、雇用に関しては先週の米雇用統計が前回に引き続き予想外の強さだったことから、市場も楽観的にみているようだ。指標自体への反応は限定的だった。

 そのような中でドル円は107円台前半での上下動に終始。序盤はドル売りが優勢となり、107.10円近辺まで値を落としたものの、次第にドル買いが優勢となり、107.30円近辺に戻す展開が見られた。ただ、狭い範囲での膠着相場に変化はなく、次の展開を見極めたい雰囲気を続けている模様。

 ユーロドルも戻り売りに押された。東京時間には1.1370ドル近辺まで上昇していたが、NY時間に入って1.12ドル台に値を落とす展開。1.13ドル台半ばから1.14ドルにかけての上値抵抗は強いと見られていたが、その通りの展開が見られている。本日の21日線は1.1260ドル付近に来ていたが、目先は21日線の水準を維持できるか注目される。

 きょうはユーロ圏財務相会合(ユーログループ)が開催され、先月退任を表明したセンテーノ議長の後任にアイルランドのドナフー財務相が選任された。特にユーロの反応は限定的となっているが、南北EUの共存という点で古傷に触れそうな人選ではある。長期的にはユーロにとってはネガティブ材料になるとの指摘も一部からは出ている。会見では、「喫緊の最優先事項は、ユーロ圏の回復構築に関する共通の方法を検討することにある」と述べた。

 ポンドドルもNY時間に入って戻り売りに押され、1.26ドルちょうど付近まで伸び悩んでいる。一時1.2670ドル近辺まで上昇し、200日線が控える1.27ドルちょうど付近を目指す動きもみられたが、きょうは試すことなく戻り売りに押された。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標