そろそろ“ドル買い”が目立ち始める…!? - ドル円

達人の予想 

◆ 昨日は“底堅さ”が勝った…?

※ご注意:予想期間は2月20日と表示されていますが、本日(2月19日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


昨日は「新型コロナウイルス懸念」に加え、やはり「米アップル・売上高見通し下方修正」が囃されました。
日経平均は一時“380円超”の下落を見せ、つれたドル円も“109.656円”へと下押す場面が見られました。

しかし注目した上海株が“持ち直した(△1.6%の後、わずかに続伸)”を見せたこともあり、欧州タイム以降に「リスク回避姿勢」が目立つことはありませんでした。
そして“2019年5月来最高”を記録した「NY連銀製造業PMI(12.9)」が発表されたNYタイム中盤には、“109.942円”へと巻き戻されていきました。

◆ 「押し目買い継続」は変わらない…

「新型コロナウイルス懸念」が重石であり、「イメージは下方向」が先行しているのも否めないところがあるのは否めません。
しかし前記「NY連銀製造業PMI」にも見られるように、米景況感は“悪くありません”。
対する欧景況感は“悪く”、この対比から“(対ユーロでは)ドル買い”が進行しているのが実状です。

定位置となりつつある「109円後半での揺れ動き」が、本日も“ドル円の基本路線”とは見ますが、それでも昨日のように「イメージは下方向」に押される場面も時折見られます。
神経質なマーケットではありますが、「株価動向(特に上海株)」を注視しつつ、「押し目買い継続」との見方は続けたいところです。

◆ ドル円 抵抗・支持ライン

上値5:110.521(19/4/24~19/8/26の76.4%戻し、+2σ)
上値4:110.362(19/5/23高値)
上値3:110.288(1/17高値、ピボットハイブレイクアウト)
上値2:110.131(2/12-13高値、ピボット2ndレジスタンス)
上値1:110.000(大台、2/17高値、+1σ、50月移動平均線、ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:109.873(20月移動平均線)
下値1:109.810(100週移動平均線、日足・一目均衡表転換線)
下値2:109.705(ピボット1stサポート)
下値3:109.617(2/13安値2/18安値、200週移動平均線)
下値4:109.532(2/7-10安値、20日移動平均線、週足・一目均衡表先行スパン上限、月足・一目均衡表基準線、ピボット2ndサポート)
下値5:109.433(2/3~2/12の38.2%押し、50日移動平均線、ピボットローブレイクアウト)

執筆者 武市佳史

執筆者 : 武市佳史|株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト

株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 23
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 19
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC