週末の感染拡大など受けて円高で始まる=東京為替概況

今日の為替 

 週明けの東京市場、ドル円は先週末の水準からドル安円高方向に窓を開け、108円台でスタートとなった。春節にともなって中国・香港・シンガポール・台湾などが休場。建国記念日の豪州、オークランドアニバーサリーのNZなども休場で、取引参加者が極端に少ない中、ドル円は一時108円73銭まで値を落とす展開となった。
 日経平均の下げ幅が500円を超えるなど、リスク警戒感の強い展開となったが、その後少し盛り返す展開に。
 新型コロナウィルス問題で、どこまで反応するべきかの判断が難しく、過剰な下押しには警戒感もあり、ドル円はポジション調整の動きに109円台を回復する動きに。
 一時120円台を割り込む動きを見せたユーロ円が120円30銭近辺まで回復。
 6.93台から6.9780近辺と年初来高値(ドル高元安)を更新する動きを見せたオフショア人民元が6.96台まで少し値を戻すなどの動きも見られた。

 先週金曜日に1.76%から一時1.66%台まで低下し、1.68%台後半で引けた米10年債利回りは、1.62%台まで大きく低下する動きを見せた後1.64%台での推移。こちらもリスク警戒感を意識させる展開となった。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標