ロス米商務長官 何も変化なければ12月15日に関税を発動

要人発言 

 ロス米商務長官の発言が先ほどから伝わっており、「米中が合意に達すると楽観」と述べる一方で、「何も変化なければ12月15日に関税を発動」とも語った。

・米中が合意に達すると楽観。
・何も変化なければ12月15日に関税発動へ。
・ブラジルとアルゼンチンへの関税は中国とは無関係。
・香港の港がなくても米国はやっていける。
・中国への対応で米国にはまだ手段が残されている。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標