英PMIが弱くポンド下落 10-12月期はマイナス成長か=NY為替

為替 

 きょうのポンドは売りが目立っており、ポンドドルは1.28ドル台前半まで下落。きょうの下げで21日線を完全に下回って来ており、来週以降の動きが警戒される。この日発表の11月の英PMIが弱い内容となったことで先行き不透明感が強まっている模様。総合PMIは48.3と2016年7月以来の低水準に低下した。

 発表元のIHSマークイットによると、EU離脱を巡る不透明感が影響したとしており、12月12日の総選挙が決まったことも先行き不透感を強めたという。同社によると、今回のPMIは10-12月期の英GDPが前期比マイナス0.2%になることを示唆しているとし、市場では利下げ期待が高まっているようだ。

 ただ、政治情勢に関しては安心感が広がっている。世論調査では与党・保守党の優勢が続いており、過半数を獲得する可能性も出ている。この流れを受けオプション市場ではポンドのプットオプション(売る権利)の売買が、総選挙を表明した10月の前の水準よりも低調になっている。
 
 英EU離脱の長期的影響については懸念も根強いものの、短期的な警戒感は後退している模様。

GBP/USD 1.2827 GBP/JPY 139.36 EUR/GBP 0.8599

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標