広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

アジア株 上海株は小幅安、不動産不況長期化懸念が重石 新築住宅価格が9年半ぶりの大幅な落ち込み

株式 

アジア株 上海株は小幅安、不動産不況長期化懸念が重石 新築住宅価格が9年半ぶりの大幅な落ち込み

東京時間14:00現在
香港ハンセン指数   19405.53(+29.00 +0.15%)
中国上海総合指数  3119.27(-3.13 -0.10%)
台湾加権指数     21248.30(-55.96 -0.26%)
韓国総合株価指数  2727.11(-25.89 -0.94%)
豪ASX200指数    7820.00(-61.29 -0.78%)
インドSENSEX30種  73650.88(-12.84 -0.02%)

アジア株は軒並み下落、週末を前に利益確定の売りに押されている。台湾株はきのうまで4日続けて史上最高値を更新した。

上海株は下げに転じている、4月の経済統計が総じて弱い内容となったことが懸念されている。
4月の小売売上高は前年比+2.3%と予想を大きく下回る伸びにとどまり、昨年7月以来、最低の伸びとなった。4月の新築住宅販売価格は-0.58%と下落幅が拡大、2014年11月以来となる大幅な落ち込みとなった。中古住宅販売価格も-0.94%と前回の-0.53%から下落幅が拡大、不動産投資も下落ペースが拡大した。弱い住宅統計を受け、不動産不況長期化が懸念されている。ただ、当局が不動産市場を支えるため、より大胆な支援策を講じるとの期待感が広がっているため、中国株の下げは限定的。中国政府はきょう会合を開き過剰住宅在庫の処分について協議する。

医療品や消費財、生活必需品、金融、素材関連が下落。一方、支援策期待から北京城建投資発展や中国企業、北京万通新発展集団、北京首都開発など不動産株は上昇している。来週は事実上の政策金利であるローンプライムレートが公表される。据え置きとの見方が多いものの、一部では引き下げを期待する声もあり、据え置きの場合はやや失望売りが広がる恐れも。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

パートナーズFXnano 42

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.0 銭(原則固定・例外あり)

セントラル短資FX 16

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.6 銭(原則固定・例外あり)

LINE FX 15

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.7 銭(原則固定・例外あり)
FX口座 スプレッド比較

SBI FX トレード 57

ドル円 264
豪ドル円 136
トルコリラ円 39

LIGHTFX 52

ドル円 230
豪ドル円 123
トルコリラ円 36

GMOクリック証券 52

ドル円 229
豪ドル円 128
トルコリラ円 38
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます