広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ユーロ圏HICPは低下もECBの追加利上げの見方に変化なし=NY為替

為替 

 きょうの為替市場はドル売りが優勢となる中、ユーロドルに買い戻しが出ており、1.07ドル台半ばに上昇している。この日は5月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値が発表になっていたが、総合指数が大幅に低下していたほか、ECBが懸念を強めているコア指数も低下していた。

 しかし、ECBの追加利上げの見方に変化はなく、ユーロの反応も限定的だった。サービスインフレが前月の5.2%から5.0%に低下したことから、コアインフレは4カ月ぶりの低水準となったが、これはドイツで新しい定額制の公共交通チケット(49ユーロチケット)が導入されたことが一因として挙げられている。

 市場からは、「インフレは今後、低下が続くことが予想されるが、労働市場が依然タイトな中、コアインフレはゆっくりとしか下がらず、目標の2%に達するまでには長い時間がかかる。そのため、ECBは6月と7月の両方で0.25%ポイントの追加利上げを行う」との指摘が出ている。

*ユーロ圏消費者物価指数(HICP)(概算値速報)(5月)18:00
結果 0.0%
予想 0.4% 前回 0.6%(前月比)
結果 6.1%
予想 6.4% 前回 7.0%(前年比)
結果 5.3%
予想 5.5% 前回 5.6%(コア・前年比)

EUR/USD 1.0746 EUR/JPY 149.10 EUR/GBP 0.8577

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 112
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 103
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 23
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外為どっとコム のアプリ詳細

ヒロセ通商 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 109.2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
ヒロセ通商 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます