衝撃的な米雇用統計でドル急伸 ドル円も131円台まで急伸=NY為替前半

為替 

 きょうのNY為替市場でドルが急伸している。ドル円も買い戻しが強まり、131円台まで急伸する場面も見られた。この日発表の米雇用統計の衝撃的な数字が前日までの市場の雰囲気を一変させている。

 1月分の米雇用統計で非農業部門雇用者数(NFP)が51.7万人増と予想(19万人増)を大きく上回ったほか、失業率も3.4%に低下した。NFPは前回分も上方修正されている。注目の平均時給もなお高い水準。

 パウエルFRB議長は今週のFOMC後の会見でタカ派姿勢を強調していたが、市場は年内の利下げ期待を温存していた。しかし、きょうの米雇用統計は完全にFRBのタカ派姿勢を裏付ける内容となり、市場も年内利下げ期待などのハト派な雰囲気を後退させている。

 ドル円は、ドル安を見込んでいたショート勢からの買い戻しを強め、本日の安値から280ポイント超急伸する場面も見られた。

 ユーロドルは戻り売りが強まっている。米雇用統計発表前は1.09ドル台半ばで推移していたが、発表後は一時1.0810ドル近辺まで急落する場面も見られた。

 前日はECB理事会が開催され、大方の予想通りに0.50%ポイントの利上げが実施された。ECBは高インフレと景気後退の相反に直面しているが、高インフレへの懸念が景気後退懸念を上回り、今週のECB理事会ではタカ派が勝利を収めた。ラガルド総裁は3月の0.50%ポイントの利上げにコミットしていた。

 市場からは、3月に0.50%の利上げを実施後、5月には中銀預金金利だけを0.25%ポイント引き上げ3.25%とし、その後は過去の利上げの影響を評価するために休止期間を設けるとの見方も出ている。リスクフリー資産の金利上昇は実体経済が直面する借入コストにまだ十分反映されておらず、金利上昇は特に南欧諸国において、経済と財政に試練を与えることになるという。

 ECBには債務危機に対処する能力はまだ備わっていない。TPIは導入が困難で、イタリアの債務がもたらす安定へのリスクに対処できない可能性があるとも指摘している。

※TPI(Transmission Protection Instrument)
 一定の基準の下、正当化できない金利差拡大抑制のために国債等を買い入れる枠組み。

 ポンドドルは1.20ドル台まで急落している。きょうの下げで21日線を下放れする展開を見せており、目先は心理的節目の1.20ドルと、本日1.19ドル台半ばに来ている21日線が下値メドとして意識される。

 市場は、前日の英中銀金融政策委員会(MPC)の決定で、利上げ期待を他の中銀よりも縮小させ、ポンド安を招いているという。今週のFOMCとECB理事会は市場に利上げ期待を後退させるよう促したが、最も調整させたのは英中銀だという。

 英金利市場は、英中銀がターミナルレート(最終到達点)を4.50%まで引き上げると予想していたが、現在は3月か5月の0.25%ポイント利上げで終了を見込んでいるに過ぎないという。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

マネーパートナーズFX 55

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.0 銭(原則固定・例外あり)

ヒロセ通商 22

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.9 銭(原則固定・例外あり)

みんなのFX 19

ドル円 0.3 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.6 銭(原則固定・例外あり)
FX口座 スプレッド比較

外貨ex byGMO 53

ドル円 184
豪ドル円 90
トルコリラ円 20

LIGHTFX 51

ドル円 173
豪ドル円 83
トルコリラ円 20

みんなのFX 51

ドル円 173
豪ドル円 83
トルコリラ円 20
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC