ドル売り優勢、ドル円一時138円台割れ=ロンドン為替

為替 

ドル売り優勢、ドル円一時138円台割れ=ロンドン為替

 ロンドン序盤はドル売りが優勢。ドル円は一時137.93レベルと138円の大台割れとなった。米10年債利回りが東京午後の3.71%台から足元では3.64%台へと低下しており、ドル売り圧力となっている。ポンドドルは1.20台乗せから高値を1.2064レベルに伸ばしている。ユーロドルは売買が交錯しているが、足元では1.0390近辺とレンジ内での高値水準に買われている。中国の衛生当局が一部の地方政府の過剰なコロナ対応に苦言を呈しており、ゼロコロナ政策の緩和期待が広がっている。中国経済の再開への思惑から豪ドルやNZドルなどオセアニア通貨が買われており、ドル売りを広げた面もみられている。

USD/JPY 137.99 EUR/USD 1.0388 GBP/USD 1.2057
AUD/USD 0.6736 NZD/USD 0.6237

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標