リスク回避復活でドル買い戻し ドル円は一時144円台後半まで戻す=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場はリスク回避の雰囲気が復活し、為替市場はドル買い戻しが優勢となった。ドル円は東京時間に143円台半ばまで下落していたが、NY時間にかけて144円台後半まで戻している。再び145円をうがかう展開も見せていた。しかし、後半になって米株が序盤の下げを取り戻したことから、ドルは伸び悩む展開。

 この日発表のADP雇用統計やISM非製造業景気指数はともにFRBのタカ派姿勢を正当化する内容となった。米国債利回りも上昇し、米株式市場も戻り売りが強まった。この日はデーリー・サンフランシスコ連銀総裁の発言が伝わっていたが、市場で出ている2023年の利下げ観測には否定的な見解を示したほか、利上げペースにとってはコアインフレが重要で、それの横ばいか低下を見たいと述べていた。

 市場の一部からは、ドルは過大評価されている可能性があり、今後数四半期にピークを迎える可能性があるとの見方も出始めている。いずれにしろ、年末に向けて本格的に流れが変わるか、今週末の米雇用統計や来週の米消費者物価指数(CPI)の結果を受けて、市場がどう反応するかを待ちたいところではある。

 ユーロドルは戻り売りに押され、0.98ドル台に下落。パリティ(1.00ドル)回復を試す動きも見られていたが、達成できずに失速している。また、きょうの下げで再び21日線を割り込む動きが一時見られ、上値の重い雰囲気に変化はない。

 今週はユーロ圏PMIの確報値が発表された。本日は総合とサービス業の指数が発表され、伴に前回から低下し、現在の景気減速が広範囲に及んでいることを示している。サービス業PMIは48.8と、8月から1ポイント低下し、実質所得が圧迫される中でサービス活動が急減速したことを示唆。

 ユーロ圏は7-9月期から3四半期に渡ってリセッション(景気後退)に陥ると予測されているが、その見通しを正当化する内容。見通しが悪化する一方で、企業コストは上昇しており、インフレリスクは依然として深刻な状況となっている。そのような中、今月のECB理事会では0.75%ポイントの利上げが有力視されている状況。

 ポンドドルも戻り売りに押され、一時1.12ドル台に下落。ただ、後半には1.13ドル台半ばまで戻している。対円、ユーロでも軟調に推移していた。

 本日はトラス英首相が与党保守党の会議に出席し、所得税の最高税率引き下げ計画は撤回したものの、減税策の残りの部分は実施すると述べた。首相は、「高税率、低成長のサイクルから脱却することを決意した」と述べ、ポンドはネガティブな反応を見せていた。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

マネーパートナーズFX 69

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.0 銭(原則固定・例外あり)

SBIFXトレード 26

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.88 銭(原則固定・例外あり)

ヒロセ通商 24

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 1.0 銭(原則固定・例外あり)
FX口座 スプレッド比較

外貨ex byGMO 55

ドル円 137
豪ドル円 67
トルコリラ円 35

LIGHTFX 51

ドル円 133
豪ドル円 55
トルコリラ円 33

みんなのFX 51

ドル円 133
豪ドル円 55
トルコリラ円 33
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標