ドル売り継続、ドル円は日銀総裁発言で126円台後半に下落=ロンドン為替概況

今日の為替 

ドル売り継続、ドル円は日銀総裁発言で126円台後半に下落=ロンドン為替概況

 ロンドン市場は、ドル売りが継続している。ドル売りを先導したのがドル円の下落。黒田日銀総裁が「米利上げでどんどん円安になるという事ではない、金利差と為替の関係は必ずしも確定的な結論ない」と述べたことに反応。ドル円は127円台を割り込み、126.55近辺まで下落した。この動きにやや遅れてユーロドルやポンドドルが買われている。ユーロドルは1.06台後半へと上値重く推移していたが、1.07台乗せから高値を1.0723近辺に伸ばした。ポンドドルは1.2550付近へと下げていたが、1.25台後半での振幅を経て1.2621近辺に高値を更新。株式市場は売買が交錯する神経質な動きとなっているが、次第に買いが優勢になってきている。米10年債利回りは2.70%付近に低下したあとは2.74%台に上昇と方向性に欠けた。前日の米FOMC議事録を無難に通過して、リスク警戒の動きは一服している。ドル円はクロス円とともに買い戻され、127円付近へと反発も、日銀総裁発言前の水準には届いていない。

 ドル円は127円近辺での取引。東京午前につけた127.58レベルを高値に、その後は売りが優勢になっている。黒田日銀総裁が、米利上げでどんどん円安になるという事ではない、と発言すると売りが強まり126.55近辺まで一時下落した。ただ、欧州株や米株先物・時間外取引が堅調に推移しており、127円付近へと買い戻しが入っている。

 ユーロドルは1.07台前半での取引。ロンドン朝方に1.0663近辺まで下押しされたあとは、再び買われている。1.07台に乗せると1.0723近辺に高値を更新。ユーロ円は下に往って来い。東京市場では136円台から135円台半ばへと軟化。ロンドン朝方に135.23近辺まで一段と下落。その後は欧州株の堅調な動きとともに反発し、136円近辺へと上昇している。対ポンドでは目立った動きを見せず揉み合い。

 ポンドドルは1.26台前半での取引。ユーロドルに沿った値動きとなっており、1.2552近辺を安値に足元では1.2621近辺まで買われている。ポンド円は東京市場で160円台を割り込むと、ロンドン序盤には159.02近辺まで下押しされた。その後は買いに転じると、再び160円台に乗せている。ユーロポンドは0.8500を挟んで売買が交錯、目立った方向性は示していない。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 12
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 16
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月3日(日)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年6月25日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC