欧州株反発などリスク警戒の動き和らぐ、円買いは一服=ロンドン為替概況

今日の為替 

欧州株反発などリスク警戒の動き和らぐ、円買いは一服=ロンドン為替概況

 ロンドン市場では、円買いの動きが一服している。欧州株や米株先物が反発しており、先週末のパニック的な下落の動きは落ち着いた。ただ、下落を取り戻す力強さはみられず、あくまでも自律反発の域をでていない。為替市場では、ロンドン朝方までは円買いが優勢だったが、その後は円売りに方向転換している。ドル円は112.99レベルを安値に113.50付近へと反発。クロス円も同様に反発しており、ユーロ円は127円台半ばから128円台前半へ、ポンド円は150円台後半から151円台後半へ、豪ドル円は80円台後半から81円台乗せへと上昇している。米10年債利回りは1.51%台半ばまで低下したあとは、1.54%近辺へと上昇。WHOは、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」について、感染急拡大につながり、重大な結果をもたらす恐れがあると警告した。ただ、南アでの感染症例が比較的軽度にとどまっているとの報道や、ビオンテックが新たに調整されたワクチンの開発に着手との報道などもあり、市場はひとまず次の展開待ちとなっている。

 ドル円は113円台半ばでの取引。ロンドン朝方にはリスク警戒感が残り、一時112.99レベルまで下押しされる場面があった。しかし、その後はすぐに切り返して反発している。欧州株や米株先物が反発、米債利回りの低下も一服すると113.60近辺まで買い戻しが入った。その後は113円台半ばでの取引に落ち着いた。
 
 ユーロドルは1.12台後半での取引。先週のドル安・ユーロ高の流れに調整が入り、ロンドン序盤にかけては1.1260近辺まで軟化した。その後は、ユーロ円の上昇とともに1.1290台まで下げ渋っている。ユーロ円は東京午後に127.50近辺まで下押しされたあとは、買い戻しが強まって128.20近辺まで反発。その後は128円台を維持しての揉み合い。対ポンドでは売りが先行したが、ユーロポンドは0.8450割れでは下げ止まった。ドイツでは11月消費者物価指数速報値が発表されるが、それに先立って発表された各州ごとの結果はいずれもインフレ加速となっていた。対ポンドでは売りが先行したが、ユーロポンドは0.8450割れでは下げ止まった。ドイツでは11月消費者物価指数速報値が発表されるが、それに先立って発表された各州ごとの結果はいずれもインフレ加速となっていた。

 ポンドドルは1.33台半ばでの取引。ロンドン序盤に1.3320近辺まで下押しされたあとは、1.3360近辺まで高値を小幅に伸ばしている。前日からのドル安・ポンド高水準での振幅にとどまっている。ポンド円は東京午後に150.70近辺まで下押しされた。その後は買い戻しが優勢となって151.70近くまで反発。方向性に欠ける値動きになっている。対ユーロでは買い一服となっている。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標