アジア株 香港株は下落、中国恒大集団への警戒感根強く EV部門が18%急落、従業員への給料支払い停止

株式 

アジア株 香港株は下落、中国恒大集団への警戒感根強く EV部門が18%急落、従業員への給料支払い停止

東京時間11:00現在
香港ハンセン指数   24370.01(-140.97 -0.58%)
中国上海総合指数  3640.02(-2.21 -0.06%)
台湾加権指数     17258.58(+180.36 +1.06%)
韓国総合株価指数  3126.43(-1.15 -0.04%)
豪ASX200指数    7339.00(-31.22 -0.42%)

アジア株は台湾を除いて下落。前日の米株大幅上昇を好感しているものの、依然として中国恒大集団に対する警戒感が残っている。
香港株は0.58%安。WSJやダウジョーンズなど一部報道では、中国当局が地方政府に対し、中国恒大集団の破綻に備えるよう指示したとしている。また、ドル建て債保有者は24日東京時間午前の時点で未だ利払いを受けていないとしている。同社株は4.2%安。同社電気自動車(EV)部門の中国恒大新能源汽車集団は18%超急落している。一部の従業員への給料支払いが滞っていると伝わった。
台湾株は1.06%高。素材や資本財、ハイテク関連など幅広い銘柄が上昇している。
韓国株はマイナス圏に沈んでいる。24日、過去最多となる2434人の新規感染者が確認された。中秋節連休中に多くの人が出歩いたことが影響したもよう。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標