米中古住宅販売は前回から減少=NY為替速報

為替 

 日本時間23時に発表された8月の米中古住宅販売件数は、年率換算で588万件と前回から減少した。前回7月分は在庫が昨年10月以来の高水準となり、物件不足の緩和兆候が見られたこともあり、2カ月連続の増加となっていた。住宅ローン金利が依然として低水準で推移していることや、大型物件への需要が住宅購入を引き続き支えている。しかし今回は、緩和兆候は見られているものの、在庫は少ない状況が続いており、価格上昇も続く中で需要の鈍化を示した。

 発表元の全米リアルター協会(NAR)のチーフエコノミストであるユン氏は「明らかに住宅販売は落ち着きを取り戻しているが、パンデミック前の状況は上回っている」と述べた。

 今回も為替市場の反応は限定的でドル円は109円台半ば、ユーロドルは1.1740ドル付近で推移している。

米中古住宅販売件数(8月)23:00
結果 588万件
予想 589万件 前回 600万件(599万件から修正)

*米中古住宅販売(8月)
販売件数 588万件(前回:600万件)(年率換算)
平均価格 37.60万ドル(37.84万ドル)
中間価格 35.67万ドル(35.95万ドル) 
在庫 2.6ヵ月分(2.6ヵ月分)
()は前回値

USD/JPY 109.59 EUR/USD 1.1739 GBP/USD 1.3644

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC