ドル売りの流れ一服、ユーロドル1.18台前半=ロンドン為替概況

今日の為替 

ドル売りの流れ一服、ユーロドル1.18台前半=ロンドン為替概況

 ロンドン市場では、ドル売りの流れが一服している。序盤にはドル安水準を模索する動きがみられたが、その後はドル買い方向へと転じている。今週は、前日まで3日連続でドル売りの流れが続いていた。しかし、明日東京午前の米大統領候補討論会の最終回を前に、ポジション調整の動きが入っているもよう。欧州株が軟調に取引を開始したことがリスク警戒のドル買い圧力となる面もあったようだ。ただ、株安の動きは次第に落ち着いてきている。また、トルコ中銀が予想外に政策金利の据え置きを決定したことで、ドル買い・リラ売りが強まり、リラが過去最安値を更新。ドル買いを広げた面も。ユーロドルは1.1870付近まで買われたあと、1.1820近辺に安値を更新。ポンドドルは1.3150レベルが重く、一時1.3080台まで下落。ドル円は104.50割れ水準に安値を更新したあとは104.80付近に高値を広げた。比較的狭いレンジでの上下動となっている。クロス円は軟調。ユーロ円は123.70台、ポンド円は137円手前まで安値を広げた。ホールデン英中銀委員は、マイナス金利について研究中だが、導入することを意味せずと述べた。スナク英財務相は追加雇用支援策を発表した。

 ドル円は104円台後半での取引。序盤に104.48レベルに安値を更新したあとは104.78レベルに高値を更新。比較的狭いレンジでの上下動となっている。欧州株が売り先行で始まったが、その後は下げを消す動きとなっており、リスク動向はハッキリせずだった。

 ユーロドルは1.18台前半での取引。序盤はドル安方向を試す動きとなり、高値を1.1867レベルに広げた。しかし、すぐに流れが反転。売り圧力に押されるなかで1.1820近辺へと下押しされている。週初からのドル売りの流れに調整が入る形になっている。このあと米大統領候補討論会の最終回が実施される予定になっている。

 ポンドドルは1.31近辺での取引。1.3150近辺が重く売りに押されている。一時1.31台を割り込み、安値を1.3084レベルまで広げた。ポンド円は137.60近辺から下落し、137.06レベルまで安値を広げた。対ユーロではポンド売り先行も、値を戻しており、往って来いとなっている。ホールデン英中銀委員は、マイナス金利について研究中だが、導入することを意味せずと述べた。スナク英財務相は追加雇用支援策を発表した。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

LIGHTFX 97

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.5 銭(原則固定)

DMM FX 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

GMOクリック証券 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 41

ドル円 8
豪ドル円 1
トルコリラ円 25

みんなのFX 38

ドル円 8
豪ドル円 1
トルコリラ円 25

SBIFXトレード 38

ドル円 9
豪ドル円 2
トルコリラ円 24
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標