欧州株が急続落、ドル売り圧力でドル円108円台に=ロンドン為替概況

今日の為替 

欧州株が急続落、ドル売り圧力でドル円108円台に=ロンドン為替概況

 28日のロンドン市場では、リスク回避の動きが強まった。欧州株が米株先物が急続落しており、下げ止まる気配をみせていない。世界各国への新型ウイルス感染拡大が続く中で株式市場は投げ売り状態。NY原油先物も続落しており、一時45ドルを割り込んだ。為替市場ではドル円とユーロドルは米債利回りが1.15%台と最低水準を更新するなかで、ドル売り圧力に押されている。ドル円は108円台半ば、ユーロドルは1.10台半ばまでドル安が進行。ポンドドルは序盤に1.28台後半で下値を広げるもその後は反発し、一時1.29台を回復。リスク動向に敏感な豪ドルは冴えない動き。対円、対ドルともに下落。豪ドル/ドルは0.65台前半、豪ドル円は70円台後半へと安値を広げている。2月のドイツ失業者数は予想外の減少となったが、ユーロ相場に目立った反応はみられなかった。

 ドル円は108円台後半での取引。この日も新型コロナウイルス感染拡大を受けた株安、米債券利回り低下の動きが広がった。ドル円は株安による円高圧力と米金利低下によるドル安圧力の両面がら下落した。109円割れから一時108.51レベルまで安値を広げている。前日のNY市場後半からは一本調子で下落している。米10年債利回りは一時1.15%台まで低下し、史上最低水準を更新した。

 ユーロドルは1.10台前半での取引。東京市場での1.09台後半から1.10付近での揉み合いを経て、ロンドン市場では再び上値を追う動きとなっている。しっかりと1.10台に乗せた後、一時1.1053レベルまで高値を伸ばした。ユーロ円は119.64レベルに本日の安値を広げたあとは下げ一服となり、120円台を回復する場面があった。その後は売買が交錯している。対ポンドでは引き続き堅調。2月のドイツ失業者数は予想外の減少となったが、ユーロ相場に目立った反応はみられなかった。バイトマン独連銀総裁は、緩和策は必要だが、出口戦略の観点を失ってはならない、と警鐘を鳴らしていたが、目下のリスク回避の状況下では市場は反応を示さなかった。

 ポンドドルは1.28台後半での取引。序盤に1.2860レベルまで下押しされたあとは、ドル売り圧力に抗えず一時1.2920レベルまで反発した。ただ、上値も抑えられて1.28台後半で揉み合っている。ポンド円は序盤に139.84レベルまで下値を広げた。その後は140円台に戻す場面があったが、上値も重く再び139円台に軟化している。ユーロポンドは連日の上昇で、高値を0.8570近辺まで伸ばした。2月の英ネーションワイド住宅価格は前年比+2.3%と高い伸びを示したが、発表後の反応は鈍かった。引き続き英国とEUとの貿易交渉の難航見込みがポンド売りにつながっていたようだ。
 
MINKABU PRESS 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

LIGHTFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資FX 92

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 78

ドル円 35
豪ドル円 30
トルコリラ円 28

YJFX! 65

ドル円 37
豪ドル円 10
トルコリラ円 60

FXプライムbyGMO 58

ドル円 38
豪ドル円 5
トルコリラ円 25
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標