ポンドが底堅く推移、19日に英議会で採決=ロンドン為替概況

今日の為替 

ポンドが底堅く推移、19日に英議会で採決=ロンドン為替概況

 18日のロンドン市場は、ポンドが底堅い動き。東京市場では軟調だったが、ロンドン勢は買いを先行させている。ポンドドルは一時1.29台乗せ、ポンド円は140円台前半へと上昇。ラムズデン英中銀副総裁は、国内のインフレ圧力が増大しつつある、円滑なEU離脱なら利上げが検討の対象になる、と述べたが、報道時はポンド買いには反応せず。離脱案採決後の現地20日夜(日本時間21日早朝)にアジア外為市場を注視、としており、結果を受けた市場動向を気にしていた。コベニー・アイルランド外相は、合意が拒否された場合、アイルランドは離脱延期を強く支持する、メルケル独首相も同様の発言したが、特段の反応はなかった。ドル円、クロス円は東京市場の下げを消す動き。わずかに高値を伸ばしたが、小幅の値動きにとどまっている。米債利回りが小幅上昇も、欧州株や米株先物は小安い。19日の英議会での離脱合意案の採決待ちとなっている。

 ドル円は108円台後半での取引。東京市場からの狭いレンジ取引が続いている。ロンドン序盤は108.50台での揉み合いだったが、米債利回りの上昇とともに108.72レベルまで高値を広げた。ただ、安値からのレンジは20銭にとどまっている。欧州株は方向性に欠ける動きが続いている。雨宮日銀副総裁は、経済・物価の中心見通し、海外動向中心に下振れリスク大きい、米中貿易摩擦の激化、ひとまず回避されたがなお予断許さない、などと全国信用組合大会であいさつした。内閣府月例経済報告では、景気は輸出を中心に弱さが長引いている、と総括判断が下方修正された。

 ユーロドルは1.11台前半での取引。序盤に1.1115レベル、中盤に1.1140近辺とレンジを広げた。前日からの上昇の流れが継続している。ユーロ円は120.68レベルまで軟化したあと、買いに転じており高値を121円台乗せに伸ばしている。ポンドや円相場をにらんだ取引にとどまっている。8月のユーロ圏経常収支は前月から黒字幅が拡大したが、発表時には特段の反応はみられなかった。

 ポンドドルは1.28台後半での取引。朝方に1.2840レベルまで軟化したが、その後は買いが優勢となり、1.2920レベルまで上昇した。ポンド円は139.35レベルまで売られた後は、上昇に転じており高値を140.40近辺に伸ばした。ただ、前日の大幅な値動きから見れば、調整的な動きにとどまっている。あすの英議会での離脱案採決に関心が集まっており、相場は待ちの姿勢となっている。ラムズデン英中銀副総裁は、国内のインフレ圧力が増大しつつある、円滑なEU離脱なら利上げが検討の対象になる、と述べたが、報道時はポンド買いには反応せず。離脱案採決後の現地20日夜(日本時間21日早朝)にアジア外為市場を注視、としており、結果を受けた市場動向を気にしていた。コベニー・アイルランド外相は、合意が拒否された場合、アイルランドは離脱延期を強く支持する、と発言したが、特段の反応はなかった。

MINKABU PRESS 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 3
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 5
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標