【中銀チェック】NZ中銀は5会合連続利上げを見込む

為替 

 25日に予定されているNZ中銀金融政策会合の結果発表が注目されています。これまでNZ中銀は4会合連続で利上げを実施しています。さらに前回は利上げ幅を0.5%に拡大しました。こうした後を受けて今回の会合ですが、前回と同じく0.5%の利上げが見込まれています。

 今月12日に発表されたNZ中銀2年物インフレ見通しが引き上げられるなど、インフレ見通しが高いところでとどまっていることもあり、利上げ自体はほぼ確実視されています。利上げ幅についても、一部で0.25%に戻すという見通しが見られるものの、大勢は0.5%利上げとなっています。

 市場予想通り0.5%利上げとなった場合、注目は声明などでの今後の姿勢となります。NZでも利上げによる景気鈍化への警戒感などが見られる状況。今後の大幅利上げ継続に慎重姿勢が見られるようだと、一旦はNZドル売りの動きが強まる可能性があります。

ただエネルギー価格の上昇などを受けた物価高傾向がNZでもまだまだ続くとみられる中で、NZ中銀は引き締め姿勢を維持してくると見られます。この場合はややNZドル買いの材料となります。

世界的に物価高が急速に進行し、アフターコロナでの景気回復期待が後退、景気鈍化への対応と物価高への対応という難しいかじ取りを多くの中銀が強いられています。展開次第で今後の金融政策見通しが変化しやすい局面だけに、金融政策会合や議事要旨などの材料への注目度が高まっていますので、要注意です。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 12
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 16
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月3日(日)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年6月25日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC