ポンドの買い戻し加速 ロングの再構築が促される可能性も指摘される=NY為替

為替 

 きょうの為替市場は前日のFOMC後の流れを継続しており、ドル売りが優勢となっている。そのような中でポンドドルは買い戻しを加速させており、1.39ドル台後半まで上げ幅を伸ばしている。本日の100日線は1.3925ドル付近に来ており、その水準を上回る展開がみられており、明日以降の動きが注目される。

 英国での直近の新規感染者数の減少で楽観的な見方が広がっており、投機筋中心にポンドロングの再構築が促される可能性が一部から指摘されている。ここ数カ月の下落の分、ポンド高を見込んだロングの再構築の余力は十分にあるという。

 ただ、英中銀がハト派姿勢に再び傾いている傾向も見られているほか、北アイルランド議定書の問題でEUとの摩擦が再び生じており、ポンドの上値追いには限界があるとの指摘も少なくない。

GBP/USD 1.3968 GBP/JPY 152.92 EUR/GBP 0.8511

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標