株高背景にリスク選好のドル売りが優勢、NZドルは弱い=東京為替前場概況

為替 

 東京外為市場中盤、日経平均株価や時間外取引での米国株先物の堅調地合いを背景に、リスク選好のドル売りが優勢となっている。ユーロドルは1.1930ドル近辺まで上昇。また、ドル円は104.30円付近までじり安となったが、前日安値104.26円の更新には至っていない。

 NZドルが弱めの推移となっており、NZドル円は73.01円近辺まで、NZドル/ドルは0.6997ドル近辺まで軟化している。朝方発表されたニュージーランドの10月貿易収支が市場予想を下回り、前回9月分が下方修正されたことがNZドル売りにつながっているもよう。

 ポンドが堅調に推移しており、ポンドドルは1.3398ドル付近まで、ポンド円は139.84円付近まで上昇。米国市場が感謝祭で休場となる中、投資家の関心は欧州に向かっており、英国と欧州連合(EU)の通商交渉に対する期待が改めて高まっているようだ。EUのフォンデアライエン委員長は25日、純粋な進展があったと述べた。

 日経平均株価は3日続伸。前引けでは前営業日比173.42円高の2万6470.28円となった。

 午前11時35分現在では、ドル円は1ドル=104.34円、ユーロドルは1ユーロ=1.1923ドル、ユーロ円は1ユーロ=124.40円、ポンド円は1ポンド=139.71円、豪ドル円は1豪ドル=76.81円、NZドル円は1NZドル=73.06円、スイス円は1スイスフラン=114.98円、カナダ円は1カナダドル=80.28円付近で推移している。
     
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ -20
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標