ドル円は104円台半ばに下落 105円台の重さ確認され見切り売りも=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場でドル円は戻り売りに押され、104円台半ばに下落した。前日は米国での感染第3波の来襲や、米追加経済対策が依然として難航する中でリスク回避の動きが強まった。為替市場はドル買いが強まり、ドル円は一時105円台を回復する場面も見せていた。きょうも米株は軟調な動きを見せており、リスク回避の雰囲気は続いている。しかし、為替市場ではドル買いが一服しており、ドル円も戻り売りに押された。

 また、前日に105円台を維持できなかったことも大きいであろう。105円台の上値が重いことが確認された格好となっており、短期筋の見切り売りも出ているのかもしれない。テクニカル的にも7月初旬からの下降トレンドは依然として損なわれておらず、下値警戒感は根強いとの声も少なくない。

 来週は米大統領選の投開票日が控えており、それに向けたポジション調整も観測されている。トランプ大統領、バイデン候補どちらが勝利しても、財政赤字が急増する可能性があり、それに加えFRBの低金利長期化を考えると、しばらくドルは買えないとの見方も多いようだ。目先は先週の安値104.35円付近が下値メドとして意識。

 ユーロドルはNY時間にかけて買い戻しの動きが見られたものの終盤に伸び悩み1.17ドル台に下落。ただ、ドル安の見方は根強く、1.17ドル台に入ると値ごろ感からの買いも出てる模様。21日線が1.1775ドル付近に来ており下値サポートとして意識されるが、その水準は維持されており、上向きの流れは維持されている。ただ、フランスで1日のウイルス感染の死者数が523人に達したことで不安感が広がった模様。新規感染者数もこの24時間で3万3417人となった。

 一方、ユーロ圏経済へのネガティブな見方も広がっている。欧州では感染第2波の拡大が続いており、各国政府も部分的な外出禁止令やその他の規制を再導入しており、短期的な見通しに暗い影を落としているとの声も出ている。一部からは10-12月期のGDP見通しを従来の2.8%から0.5%に下方修正する動きも出ている。11月初旬までに感染拡大に歯止めがかからなければ、マイナス成長に転じる可能性があるという。今週は第3四半期のユーロ圏GDP速報値の発表が予定されているが、前期比9.6%のプラス成長が見込まれている。第2四半期からの反動。ただ、予想通りだったとしても、市場は第4四半期以降の先行きへの不安を強めており、あまり重要視しないかもしれない。

 ポンドドルもNY時間にかけて買い戻しが優勢となり、1.3080ドル付近まで一時買い戻されている。ロンドン時間には重要な節目の1.30ドル割れを試す動きが見られたが、その水準はサポートされている格好。

 来週の米大統領選に向けてドル売り優勢との見方から、ポンドドルは底堅い動きを続けている。しかし、今後も上昇が続くかは、英国とEUの貿易交渉がどう展開するかに依存するとの指摘も聞かれる。市場からは、レバレッジ・ファンドはポンド安を見込んだポジションを取っているとの一方で、機関投資家は上値を期待したエクスポージャーを追加しようとしているとの声も出ている。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標