ドル円は序盤の上げを帳消し、NZドルは堅調=東京為替前場概況

為替 

 東京外為市場中盤、ドル円は105.80円付近まで強含んだ後、上げを帳消しにしている。月末ならびに5・10日(ゴトウビ)に伴う実需のドル買いで仲値にかけて上昇したが、仲値通過後に反落している。午前10時以降は米大統領候補によるテレビ討論会が行われているため、模様眺めの様相となった。
  
 NZドル/ドルはしっかり。前日からの堅調地合いを維持してジリ高で推移し、23日以来の高値水準となる0.6613ドル付近まで上昇した。一方、豪ドル/ドルは、序盤に23日以来の高値水準となる0.7150ドル付近まで上昇したあと、伸び悩んでいる。
 
 日経平均株価は4日ぶり反落。前引けでは前営業日比29.33円安の2万3509.77円となった。
 
 午前11時47分現在では、ドル円は1ドル=105.64円、ユーロドルは1ユーロ=1.1749ドル、ユーロ円は1ユーロ=124.12円、ポンド円は1ポンド=135.90円、豪ドル円は1豪ドル=75.38円、NZドル円は1NZドル=69.81円、スイス円は1スイスフラン=114.81円、カナダ円は1カナダドル=78.91円付近で推移している。
  
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標