ドル円は一時やや回復も、頭重い=東京為替概況

今日の為替 

 昨日の海外市場で104円台まで値を落としたドル円は、その後やや回復の動きを見せ、東京市場で105円17銭を付ける動きとなった。もっともその後104円台に値を戻すなど、頭の重い展開に。

 ドル安円高基調が継続。注目されたFOMCでは2023年までのゼロ金利継続見通しが示された。17名中13名がゼロ金利見通しを示すなど圧倒的な状況で、さらに長期のゼロ金利継続も意識されており、ドルの重石となっている。
 
 ユーロドルは昨日からの売り基調が続き昼頃に1.1730台まで。これまで積み上げてきたユーロ高基調に対する調整ムードが広がっている。英国とEUとの通商交渉の難航がユーロポンドでのユーロ買いを誘っていたが、漁業関連での対立に関して英国が譲歩の姿勢を示したなどの報道がユーロ売りポンド買いを誘い、頭の重い展開となっていることなどもユーロ高ムードを一服させている。
 独ZEWの好結果などが中期的なユーロ買いを誘っているが、これまでの上昇の勢いが強かった分、調整が入りやすいという面も。

 豪ドルは雇用統計が好結果で一時上昇も続かず。上昇分を解消してもみ合いに。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標