米株価指数先物 時間外取引 上昇、コロナ治療薬期待続く 加州の経済活動停止は懸念材料

株式 

米株価指数先物 時間外取引 上昇、コロナ治療薬期待続く 加州の経済活動停止は懸念材料

東京時間07:16現在
ダウ平均先物9月限 26051.00(+83.00 +0.32%)
S&P500先物9月限 3156.50(+8.25 +0.26%)
NASDAQ100先物9月限 10635.50(+35.50 +0.33%)

米株価指数は時間外で上昇、コロナ治療薬期待の買いが続いているもよう。
ただ、カリフォルニア州での経済活動再停止は懸念材料。停止発表を受け、13日の米株価指数は引けにかけて上げを急速に縮小。ナスダックとS&Pはマイナスに転じて取引を終えた。ダウ平均も10ドル高とほぼ変わらずで終えた。
カリフォルニア州のニューソム知事は13日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、カリフォルニア全州でレストランの屋内営業を再び停止すると発表した。映画館やバー、スポーツジムや美容院も閉鎖する。そのほか、ロサンゼルス学区とサンディエゴ学区は、新学期に入っても学校再開はせず、オンライン授業にするとした。
各州で経済活動再開が停止しており、米景気回復の遅れが懸念される。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC