2万2000円目前。株価はまだ上がる?【2019/09/17-2019/09/20】

達人の予想 

過熱感があるので高値掴みに注意

日経平均株価は9月13日金曜日、2万1,988.29円で取引を終えました。
前回「株価下落時に空いた窓あたりまでの上昇を想定しつつ短期売買がよい。MSQ週は大きく動きやすいので、振り回されないように」と解説しました。
株価は窓を埋めて、目標株価の上限程度で取引を終えました。

米国の株式市場は引き続き上昇が続いた週でした。
ドル円相場はドル買い基調の週でした。

気になるのは、日経平均株価の今後の動きです。

株価チャートを分析する限りでは、株価は出来高を伴って、4月以降に空いていた窓を埋める動きとなりました。中長期的な三角保ち合いを上に抜けてレンジを上げ、株価はもみ合いの上限あたりを上に抜けられるのかというところが注目になるでしょう。
目標上値は2万2,200円、下値は2万1,250円、それぞれプラスマイナス150円とします。
足元は急上昇したこともあり過熱感が出ていますから、まずは過熱感の解消に動く可能性も考えられます。チャートパターンを考慮すると、権利落ちまでは時間がありますが、高値掴みには注意しつつ安いところを待ちたいところです。

横山利香

執筆者 横山利香|認定テクニカルアナリスト(CFTe)

国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)、FP。会社四季報オンライン、株探、TradingViewなどで記事やチャートを掲載。登録無料の株メルマガ配信中。高校球児の母で甲子園好き。弁当作りに悪戦苦闘中。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標