株価はそろそろ下げ止まり?それともまだ下がる?【2019/08/19-2019/08/23】

達人の予想 

ニューヨークダウ天井打ちの想定を

日経平均株価は8月16日金曜日、2万0,418.81円で取引を終えました。
前回「足元の下値支持線を下に抜けたが、株価は中長期的な三角保ち合いの範囲内にある。レンジ内での動きになる可能性があるので、戻り売りもしくはリバウンド狙いの逆張り戦略の短期売買でよい」と解説しました。
株価はレンジ内での動きとなり、目標株価の範囲で取引を終えました。

米国の株式市場はリバウンド上昇を帳消しにした週でした。
ドル円相場はドル売りが落ち着いた週でした。


気になるのは、日経平均株価の今後の動きです。


株価チャートを分析する限りでは、株価は下落しましたが、8月6日の安値2万0,110円を下回ることなく推移しました。中長期的な三角保ち合いの範囲内に位置しており、その範囲内で動いている可能性が高いです。
目標上値は2万1,200円、下値は2万0,350円、それぞれプラスマイナス150円とします。
変化日の通過に合わせて、短期的な横ばいトレンドに以降する可能性が考えられます。引き続き戻り売りもしくはリバウンド狙いの逆張り戦略の短期売買でよいでしょう。

さて、米国の代表的な指数であるニューヨークダウのチャートを分析する限りでは、2万7,000ドル超で天井を打った可能性も考えられます。長短金利が逆転したことが話題にのぼっていますが、すぐに天井を形成するとは限りませんし、再度高値を狙う可能性もないわけではありません。ただ、米国の株式市場の動向は日本の株式市場にも影響を及ぼしますから、サイクル完成の可能性を考えつつ、株価の動きを注視しておいて損はないでしょう。

横山利香

横山利香|認定テクニカルアナリスト(CFTe)

国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)、FP。会社四季報オンライン、株探、TradingViewなどで記事やチャートを掲載。登録無料の株メルマガ配信中。高校球児の母で甲子園好き。弁当作りに悪戦苦闘中。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC