広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ECBは来年の夏まで最初の利下げを行わないとの見方=NY為替

為替 

 きょうもユーロドルは緩やかな戻り売りに押されており、1.07ドル台半ばでの推移となっている。きょうの下げでローソク足は100日線の下に出ており、10月からのリバウンド相場の戻りが続いている状況。フィボナッチ半値戻しが1.0735ドル付近に来ており、目先の下値メドとして意識される。

 今週はECB理事会も開催されるが、据え置きが確実視されている。声明やラガルド総裁の会見に注目が集まっており、市場は来年の利下げ期待に対するヒントを探りたがっている。

 市場は4月の利下げ開始を完全に織り込んでおり、3月も60%の確率で織り込んでいる。しかし、一部からはECBは来年の夏まで利下げを開始しないとの見方も出ている。ユーロ圏消費者物価指数(HICP)の総合指数は2%台まで低下しているが、コア指数は3.6%となおインフレ目標を大きく上回っており、消費者物価の上昇は早ければ今月にも再び加速すると見られている。

 エネルギー部門における昨年のベース効果と政治的な救済措置の終了が理由で、例えばドイツでは1月から飲食店・ケータリング業(飲料は除く)部門の付加価値税の軽減税率が終了し、再び19%に引き上げられる。さらに、大幅な賃上げが消費者物価の動向にどの程度影響を与えるかを確実に評価するには、さらなるデータが必要であるとも述べている。

EUR/USD 1.0746 EUR/JPY 157.34 EUR/GBP 0.8565

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 56

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 125
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 54

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 113
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 23
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外為どっとコム のアプリ詳細

ヒロセ通商 50

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 117
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
ヒロセ通商 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます