ミネアポリス連銀総裁 きょうのCPIは自身の道を変えるものではない

要人発言 

 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁の発言が伝わっており、「きょうのCPIは自身の道を変えるものではない」と述べた。

・インフレの下方へのサプライズを嬉しく思う。
・FRBはインフレの勝利宣言には程遠い。
・きょうのCPIは自身の道を変えるものではない。
・リセッションでも構わず2%目標を目指す。
・年末までに3.9%、23年末までに4.4%の政策金利を望んでいる。
・高水準のCPIでFRBが利下げとの考えは非現実的。
・FRBは利上げを行い、インフレが緩和されるまでそこにいる。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標