米雇用統計後のドル買い円売り続く=NY為替午前

為替 

きょうのドル円は予想を大きく超える伸びを示した米非農業部門雇用者数の結果などを受けてドル買い円売りの動きに。失業率が予想外に低下、平均時給が予想外に上昇など雇用統計は全般に力強い結果に。

 東京朝に続いて、ロンドン市場でも132円台を付ける場面が見られるなど、やや頭の重展開となっていたドル円は、133円台前半で発表を迎え、発表後に134円台後半まで急騰。その後も目立った押し目がなく135円ちょうど前後を付けた。その後少し戻したが、134円台後半までと限定的な調整にとどまり、すぐに買い戻しが入って135円台にしっかり乗せ、135円30銭台まで。

 米FOMCでの大幅利上げ観測がこの雇用統計を受けて広がった。発表まで、次回9月のFOMCでの利上げは0.50%と直近2回の0.75%から縮まるとの見方が約66%となっていた。この結果を受けて3会合連続での0.75%という見通しが70%超えに。

 こうした動きがドル全般の買いを誘っている。ユーロドルは1.0240前後を付ける動きから1.0142前後まで。ドル円の動きが最も激しく、クロス円は全般に円安が優勢に。ユーロドルはロンドン市場で135円台を付ける動きも、発表後に137円超え。さらに137円70銭台までの買い戻しに。

 ポンドドルは1.21台から1.2000台までと、大台を割り込む直前まで売りが出た。ポンドも円安の勢いが勝り、ポンド円は163円台まで。

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標