ドル円は127円台前半 明日は日米の物価統計=NY為替

為替 

 NY時間の終盤に入って為替市場は動きが一服する中、ドル円は127円台前半で推移。きょうの市場は全体的にリスク選好の雰囲気が広がっており、ドル円の下値をサポートしている。前日のFOMC議事録を受けて、FRBの利上げが秋にも一旦停止するのではとの期待感が台頭しており、為替市場はドル売りの反応が見られているものの、米株が上昇しており、リスク選好の円安がドル円を下支えしている。

 ただ、ドル高期待が一旦後退する中で、ドル円はいまのところ130円台を目指して積極的に買い上がる雰囲気まではない。

 明日は日米の物価統計が発表される。日本は東京都区部の5月の消費者物価指数(CPI)、米国はFRBがインフレの参考指標としている、4月分のPCEデフレータの発表が予定されている。

 東京都区部の5月のCPIは全国CPIの先行指標と位置づけられているが、総合指数で前年比2.5%、食品を除くコア指数で2.0%、食品・エネルギーを除くコアコア指数で0.9%が見込まれている。日本でもインフレが高まって来ているとはいえ、海外と比較すれば、かなり落ち着いた水準で推移しており、予想通りであれば、日銀が早急に金融緩和を解除する理由にはならないであろう。

 一方、4月分の米PCEデフレータは総合指数で前年比6.2%、食品とエネルギーを除いたコア指数で4.9%と、前回から伸び鈍化が見込まれている。米インフレに関してはピークアウトの期待も出つつある中、数字次第ではFRBの利上げ一旦停止観測を確認する可能性もありそうだ。

*東京都区部消費者物価指数(5月)27日8:30
予想 2.5% 前回 2.4%(前年比)
予想 2.0% 前回 1.9%(コア・前年比)
予想 0.9% 前回 0.8%(コアコア・前年比)

*米PCEデフレータ(4月)27日21:30
予想 6.2% 前回 6.6%(前年比)
予想 4.9% 前回 5.2%(コア・前年比)

USD/JPY 127.25 EUR/USD 1.0717 GBP/USD 1.2590

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 33
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 39
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 30
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月30日(土)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年7月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標