【これからの見通し】週末に向けて神経質な相場が続きそう、きょうは指標発表少ない

為替 

【これからの見通し】週末に向けて神経質な相場が続きそう、きょうは指標発表少ない

 この後の海外市場では週末に向けて神経質な相場が続きそうだ。きょうは手掛かりとなるような主要経済指標発表は少ない。ユーロ圏消費者信頼感・速報値(5月)が発表される程度。

 インフレ対応で各国中銀が金融引き締め姿勢をとるなかで、株式市場は売りが先行しやすくなっている。アップル株が高値から2割超の下落となったことなどが象徴している。今週発表された小売関連企業の決算では先行き見通しがやや悲観的だった。インフレと金融引き締めで消費者の財布のひもが固くなることが懸念されているようだ。

 英国、米国などはすでに利上げを開始しており、目下の焦点はECBの7月利上げ開始動向となっている。南北諸国の経済状況の格差などでなかなか中銀総裁らの意見が集約しにくい体質のECBだが、どの国もインフレ高騰に苦しんでいるだけに、今回の金融引き締めはスムーズに開始できそうだ。

 株安が示しているように、今週の相場は今後の景気鈍化やスタグフレーションなどへの警戒感が前面に押し出されている状況。為替相場においてもこれまでの金利差から景気動向をにらんだリスク回避・選好相場へと注目ポイントが移動しているようだ。

 アジア時間では中国が5年物LPR(ローンプライムレート)を予想以上に引き下げたことが好材料だった。香港株や上海株が堅調に推移している。日経平均や米株先物・時間外取引も買いが優勢。このムードが欧州・米国市場でも続くのかどうか、注意してみたい。

 金融当局者の発言イベント予定は、ピル英中銀委員、センテノ・ポルトガル中銀総裁、デコス・スペイン中銀総裁、ウンシュ・ベルギー中銀総裁など。

 週末にはバイデン米大統領が日韓訪問(韓国は20~22日、日本は22~24日の予定)、21日に豪州総選挙が実施される。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

マネーパートナーズFX 54

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.4 銭(原則固定・例外あり)

みんなのFX 46

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

SBIFXトレード 40

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.88 銭(原則固定・例外あり)

※スプレッド調査日:12月15日
外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年12月24日午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 47

ドル円 30
豪ドル円 13
トルコリラ円 32

GMOクリック証券 47

ドル円 35
豪ドル円 22
トルコリラ円 37

FXプライムbyGMO 46

ドル円 40
豪ドル円 16
トルコリラ円 39
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC