材料不足の中、オセアニア通貨がシッカリ、円が最弱通貨に

マネ育チャンネル 

 

f:id:gaitamesk:20210907121925p:plain

おはようございます。本日朝に、東海道南方沖を震源とする地震がありましたね。オフィスのある千代田区は震度3でした。その他、茨城県の笠間市や取手市、栃木県の鹿沼市も震度3でした。震源地と震度の大きい地域が離れているのは驚きでした。この日曜日にNHK特集の地震予知の番組をみていたので、大きな地震に繋がらないか心配です。

f:id:guh202109:20210914084158p:plain

 

■主要通貨ペアの前日の動き

主要通貨の騰落率
出典:上田ハーローFXの提示レート(Bid)をもとに作成

■三極通貨(ドル、ユーロ、円)

週明けの東京市場はドル円が109.80円、ユーロ円が129.74円、ユーロドルが1.1811ドルでオープン。
本邦国内企業物価指数は前月比0.0%で市場予想から下振れしたものの材料にはならず、日経225平均株価が反落したものの、時間外のダウ先物がシッカリした動きとなり、ドル円はジワリと上昇、ロンドン時間序盤に110.14円の高値を付けました。ユーロドルはダラダラと売られて16時過ぎに1.1775ドルへと下落、ユーロ円は129.65-85円付近での狭いレンジの動きとなりました。ロンドン時間にはシュナーベルECB専務理事の「現在のインフレ率は高すぎるというよりはむしろ低すぎる。確実に2%目標を達成できると確信してから正常化プロセスを開始」などのハト派的な発言を受けたものの、ユーロの反応は限定的で、ユーロドルは1.1792ドルまでも戻しましたが、ユーロを買う材料も乏しく、上値の重さを嫌気した売りに、1.1770ドルまで下落、ユーロ円も129.59円まで連れ安、ドル円も109.89円まで下押ししました。

NY時間には米株価が260ドル超の上昇となり、リスク志向のドル売りと円売りからドル円は110円ちょうど付近まで下げ幅を縮小、ユーロ円は129.90円付近まで小幅上昇、ユーロドルは1.18ドルを回復しました。
クローズ:ドル円 109.96円 /ユーロ円 129.87円 /ユーロドル 1.1808ドル。

■他通貨

ポンド円が151.96円、ポンドドルが1.3828ドルでオープン。時間外のダウ先のシッカリした地合いにポンド円は152.19円、ポンドドルは1.3845ドルまで上昇しましたが、東京時間午後には上値が重くなり、欧州勢参入と共に151.97円、1.3796ドルまで売られました。その後はドルの軟調地合いや米NYダウの上昇などからリスク志向となり、152.30円、1.3849ドルまで上昇しましたが、終盤に上げ幅を小幅縮小しました。
クローズ: ポンド円152.12円 /ポンドドルが1.3832ドル

豪ドル円が80.72円、豪ドル米ドルが0.7349ドルでオープン。朝方に80.95円、0.7365ドルまで小幅上昇しましたが、本邦株価の下落などから豪ドルは軟調地合いとなり、14時過ぎには80.67円、0.7335ドルまで小幅下落しました。その後は欧州通貨が弱含みとなる中、81.07円、0.7362ドルまで上昇しました。ロンドン、NY時間は手掛かり材料に乏しく、NY時間午前には81.11円、0.7374ドルの高値を付けましたが、米NYダウの上昇にも反応が限られ、主版には小幅ながら上げ幅を縮小しました。
クローズ:豪ドル円81.01円 /豪ドル米ドル0.7364ドル。

■前日の主な指標結果と発言

・日本 8月国内企業物価指数 m/m: 0.0% (予想 0.2%)
・トルコ7月経常収支(ドル): -6.8億 (予想 -5.7億)
・トルコ7月鉱工業生産 m/m: -4.2% (前回 2.3%)
・アルトマイヤー独経済相:第3四半期のGDP成長率は、第2四半期の前期比1.6%増から大幅回復を予想。第4四半期にはGDP成長率が正常化する見込み。
・ハウザー英中銀(BoE)市場担当理事:量的緩和(QE)の巻き戻しは今後の引き締め戦略に不可欠な要素。QEが解除された後も、将来的にはバランスシートは構造的に大きくなる。
・シュナーベルECB専務理事:早ければ来年にはインフレ率が顕著に低下するだろう。現在のインフレ率の解釈には注意が必要だ。ベース効果を調整すると、現在のインフレ率は高すぎるというよりはむしろ低すぎる。確実に2%目標を達成できると確信してから正常化プロセスを開始。
・米国 8月月次財政収支(ドル): -1706億 (予想 -1730億)
※m/m = 前月比、q/q = 前期比、y/y = 前年比

■為替

通貨ペア引値前日比前日比(%)
USD/JPY109.9560.0720.07%
EUR/JPY129.8730.0820.06%
GBP/JPY152.1220.1480.10%
AUD/JPY81.0120.2140.26%
NZD/JPY78.2410.1060.14%
EUR/USD1.18081-0.00021-0.02%
GBP/USD1.383170.000240.02%
AUD/USD0.736390.001290.18%
NZD/USD0.711320.000480.07%

source: uedaharlowfx

 

■三極(ドル、ユーロ、円)の1時間足

三極通貨の1時間足
source:uedaharlowfx UHChart
※チャート、文中およびクローズの為替レートは上田ハーローFXでの提示レート(Bid)です。

■株価

Index引値前日比
日経22530,447.3765.53
TOPIX2,097.716.06
CSI300(中国)4,991.66-21.86
FTSE100(英)7,068.4339.23
DAX(独)15,701.4291.61
NYダウ(米)34,869.63261.91
S&P500(米)4,468.7310.15
NASDAQ(米)15,105.58-9.91

 

■金利

Country利回り前日比
米10年債1.328-0.014
日本10年債0.0400.000
英10年債0.745-0.014
独10年債-0.331-0.001

 

■コモディティ価格

Commodities引値前日比
NY金(期近)1,794.402.30
NY原油(期近)70.450.73

source: bloomberg.co.jp (株価、金利、コモディティ価格)

 

■本日の指標発表予定

重要度低10:30 豪 4-6月期住宅価格指数 q/q
重要度低10:30 豪 8月NAB企業景況感指数
重要度低11:45 ロウ豪準備銀行(RBA)総裁講演
重要度低13:30 日本 7月鉱工業生産確報値 m/m
重要度低13:30 日本 7月設備稼働率 m/m
重要度高15:00 英国 8月失業保険申請件数
重要度低15:00 英国 8月失業率
重要度高15:00 英国 7月失業率(ILO方式)
重要度低15:30 スイス 8月生産者輸入価格 m/m
重要度低21:30 カナダ 7月製造業出荷 m/m
重要度高21:30 米国 8月消費者物価指数(CPI) m/m
重要度高21:30 米国 8月消費者物価指数(除食品・エネルギー) m/m

●免責事項

マネ育チャンネル:外為どっとコム

執筆者 マネ育チャンネル

執筆者 : マネ育チャンネル|外為どっとコム

マネーを育てよう!をテーマに、外為どっとコム総合研究所に所属する研究員が執筆するオリジナルレポートのほか豪華講師陣の貴重なFXレポート、個人投資家や著名投資家のインタビュー記事など、バラエティ豊かな情報を配信しています。為替トレンドに合わせた特集記事やFX初心者でも安心の学習コンテンツを用意しており、個人投資家の取引技能の向上に寄与すべく活動しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC