弱い米雇用統計でドル円は伸び悩むも底堅さは堅持=NY為替

為替 

 ドル円はやや伸び悩む動きが見られているものの、105円台半ばでの推移となっている。きょうは一時105.75円付近まで上昇していたが、この日の米雇用統計が弱い内容となったことで伸び悩んでいる。

 1月の米雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)が4.9万人増と予想を下回ったほか、12月分も22.7万人減に下方修正されている。小売業や輸送、レジャー、ホスピタリティといったセクターの雇用が減少しており、感染拡大による封鎖措置の影響が如実に表れた格好。失業率は6.3%に急低下したものの、労働参加率の低下もあり、さほどポジティブな驚きはないようだ。

 ただ、米追加経済対策への期待は根強く、ドル円は下値をサポートされている。米上院はきょう、今会計年度予算の大枠となる予算決議案を可決した。ハリス副大統領の決定票で51対50の賛成多数となった。下院は既に可決しているが、上院を通過した決議案についてきょう、改めて採決することになる。下院で可決されれば、財政調整措置に基づき、共和党の賛成が一切なくとも同案の通過が可能になる。バイデン大統領が提案している1.9兆ドル規模の追加経済対策の実現に向けて一歩前進した格好。

 この日の米雇用統計は弱い内容となったものの、市場の米インフレ期待は根強く、米国債のイールドカーブのスティープ化も変化がみられない中、ドル円は上値期待を堅持している。

USD/JPY 105.45 EUR/JPY 126.93
GBP/JPY 144.78 AUD/JPY 80.77

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC