バークレイズ、21年の原油価格をブレントは53ドル・WTIは50ドルと予想

商品 

 英国の金融大手バークレイズは2021年の原油価格に関して、ブレント原油では53ドル/バレル、WTI(NY原油)では50ドル/バレルまでの上昇を予想している。

 バークレイズは、新型コロナウイルスのワクチン開発が需要を押し上げるためのポイントになると注目。ワクチン開発が進めば、経済の持続可能な回復につながる可能性があると指摘した。また、供給側の面では、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」が生産目標の引き上げを3カ月遅らせると、世界銀行が予想していることにも注目しているとした。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標