週明け様子見ムード強い展開に=東京為替概況

今日の為替 

 ドル円は105円台前半推移。値幅も落ち着いており、上下ともに動きにくい。米追加経済対策協議についてペロシ米下院議長が20日いっぱいが大統領選前の実施を行う際の合意の期限と表明。今後の民主党と米政府との協議に注目が集まる展開に。
 英国とEUとの自由貿易協定については、協議の継続が決定。ハードブレグジット警戒も見られるが、いったんは協議の行方を見たいという意識が広がった。 

 ドル円は朝方若干ドル売り円買いの場面も、105円30銭前後までと押し目は限定的。その後の上昇も105円台半ばまでと狭いレンジでの取引が続いた。

 週末に行われたNZの総選挙はアーダーン首相率いる労働党が圧勝を見せ、1996年の選挙制度改革後、初となる単独過半数を確保した政党となった。世論調査動向から予想されていたこともあり、市場の波乱は見られず、動きは落ち着いている。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標