ドル円は一時107円台を回復 株高・ドル安も円安が下値サポート=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場、ドル円は伸び悩む動きも見せたものの、きのうに引き続き107円台に一時上昇している。ドル安の流れが依然として続いていることもあり、107円台に入ると売り圧力が強まるようだが、上値追いの流れに変化はない。

 市場からは第2波の拡大、米追加経済対策の交渉行き詰まり、そして、米中対立などの悪材料にもかかわらず、株高が維持されている、市場はネガティブ要因を看過している感もあるが、その株高がドル安を誘発しているとの指摘も聞かれる。株高は投資家のセンチメントが維持されている証拠でもあり、リスクマネーが米国から海外に向かうとの期待もあるのかもしれない。

 一方、株高はリスク選好の円安も誘発することから、ドル円は底堅い動きを見せている。米国債利回りも上昇しており、イールドカーブのスティープ化も見られる中で、ドル円にとっては追い風が吹いている状況。ただ一方で、米株式市場には高値警戒感も高まっており、継続性には疑問も出ているようだ。

 NY時間に入って伸び悩んだものの、ユーロドルは買いの流れが続いており、きょうは一時1.1860ドル近辺まで上昇した。引き続きドル安がユーロドルを押し上げている格好。8月に入って過熱感から一時1.17ドル台前半まで調整し、21日線を試すかにも思われたが、しっかりと21日線の上を維持し、上向きの流れを続けている。目先は直近高値の1.19ドル台前半の水準が上値メドとして意識される。

 株高がドル安を誘発し、それがユーロドルを押し上げていると見られているが、実際、ユーロと株式市場の正の相関は2013年以来の強さを示す一方で、国債利回りとユーロドルの相関はほとんど見られていないという。

 ポンドドルも伸びやんだものの一時1.30ドル台後半まで戻した。きのうは1.30ドル割れを試す動きも見られたが、1.30ドルちょうど付近の買い圧力はかなり強いようだ。8月に入ってから戻り売り圧力が強まるものの、1.30ドル台の水準はしっかりと維持されており、高値圏でのもみ合いが見られている。チャート的にはもう一段の上値も期待できそうな流れではあるが、市場からはネガティブな声も多い。

 第2波による再封鎖のリスクとEUとの貿易交渉への不安、そして、英中銀による追加緩和期待など、ネガティブな材料をあげれば枚挙にいとまがない状況。前日の第2四半期の英GDPは前期比で20.4%急減していたが、ポンドの反応は限定的だった。ただ、楽観的になる理由は見当たらないとの声も多く、ポンド下落を見込む声は少なくない。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標