ドル円は108円台半ばで膠着 更なる上値追いには新たな材料が欲しいところも=NY為替

為替 

 NY時間に入ってもドル円は108円台半ばでの膠着した値動きが続いている。米国債利回りも上昇しており、米株式市場も週明けは落ち着いた動きで始まっていることからドル円はサポートされている。

 しかし、先週は109.10円付近に来ている200日線を回復できずに戻り売りに押されており、次第に上値が重くなりつつある雰囲気も出ているようだ。更なる上値追いには新たな材料が欲しいといったところのようだ。

 英EU離脱はもちろんのこと、米中貿易協議も12月の関税引き上げ分についてはなお、不透明な部分も多い。クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は「12月に計画している関税引き上げに関しては、中国との協議が順調に進めば延期になる」と述べていた。こちらについては、11月のAPECでの米中首脳会談に向けた動き次第といったところではある。

 また、来週のFOMCに向けた動きも活発化してくる可能性もあり、ドル円の上値を抑えている面もありそうだ。CMEがFF金利先物の取引から算出しているFEDウォッチでは利下げ確率を90%台まで高めており、ほぼ確実視されている。

 しかし、市場は既に年内最後の12月のFOMCに焦点が移行しており、足元の指標はなお米経済の底堅さを示す中、FRBが保険的な利下げを継続したい意向があるのか焦点となっているようだ。そのヒントが今月のFOMCの声明やパウエルFRB議長の会見などで示されるか注目される。

USD/JPY 108.57

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標