FOMCの結果を受けた米ドル/円、NYダウの値動き(12月14日)

本日発表されたFOMCは市場予想どおりFF金利誘導目標を0.25%(25bp)引き上げ、1.25-1.50%に設定しました。

FEDメンバーの来年末のFF金利見通し(ドットプロットによる各メンバーの中央値)についても0.75%高い2.125%と、前回9月のFF金利見通しから変更はなく、声明文においても米国の経済状況について大きな文言の修正はありませんでした。そういった意味では今回のFOMCは予想しうる結果だったとも考えられます。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る