“継続的なドル売り”にはつながらない…!?

※ご注意:予想期間は12月15日と表示されていますが、本日(12月14日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


注目のFOMCは、大方の想定通り「25bp(0.25%)利上げ」でした。
「2018年の金利見通し(ドット・チャート)も3回が堅持」されており、「経済成長見通しは引き上げ」「インフレ見通しは据え置き」まで含めて、概ね“前回分を踏襲”した格好といえます。
ただその前に発表された「米CPI(コアが予想を下回る+0.1%)」「アラバマ州上院補選(共和党候補敗退)」が尾を引き、発表直後こそ反応は鈍かったものの、NYタイム終盤にかけてさらにドル売りが優勢となりました。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

本日の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC