タカ派セントルイス連銀総裁、インフレがピークに達したの主張は時期尚早

要人発言 

タカ派セントルイス連銀総裁、インフレがピークに達したの主張は時期尚早

タカ派で知られるセントルイス連銀のブラード総裁は、インフレ率が予想以上に上昇し続けるのであれば、FRBは高めの金利をより長く維持する用意があると述べた。ブラード氏は、年末までに政策金利を3.75%~4.0%に引き上げるべきだと述べたほか、インフレがピークに達したとの主張は時期尚早だと語った。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC