ドル円は127円台前半 明日は日米の物価統計=NY為替

為替 

 NY時間の終盤に入って為替市場は動きが一服する中、ドル円は127円台前半で推移。きょうの市場は全体的にリスク選好の雰囲気が広がっており、ドル円の下値をサポートしている。前日のFOMC議事録を受けて、FRBの利上げが秋にも一旦停止するのではとの期待感が台頭しており、為替市場はドル売りの反応が見られているものの、米株が上昇しており、リスク選好の円安がドル円を下支えしている。

 ただ、ドル高期待が一旦後退する中で、ドル円はいまのところ130円台を目指して積極的に買い上がる雰囲気まではない。

 明日は日米の物価統計が発表される。日本は東京都区部の5月の消費者物価指数(CPI)、米国はFRBがインフレの参考指標としている、4月分のPCEデフレータの発表が予定されている。

 東京都区部の5月のCPIは全国CPIの先行指標と位置づけられているが、総合指数で前年比2.5%、食品を除くコア指数で2.0%、食品・エネルギーを除くコアコア指数で0.9%が見込まれている。日本でもインフレが高まって来ているとはいえ、海外と比較すれば、かなり落ち着いた水準で推移しており、予想通りであれば、日銀が早急に金融緩和を解除する理由にはならないであろう。

 一方、4月分の米PCEデフレータは総合指数で前年比6.2%、食品とエネルギーを除いたコア指数で4.9%と、前回から伸び鈍化が見込まれている。米インフレに関してはピークアウトの期待も出つつある中、数字次第ではFRBの利上げ一旦停止観測を確認する可能性もありそうだ。

*東京都区部消費者物価指数(5月)27日8:30
予想 2.5% 前回 2.4%(前年比)
予想 2.0% 前回 1.9%(コア・前年比)
予想 0.9% 前回 0.8%(コアコア・前年比)

*米PCEデフレータ(4月)27日21:30
予想 6.2% 前回 6.6%(前年比)
予想 4.9% 前回 5.2%(コア・前年比)

USD/JPY 127.25 EUR/USD 1.0717 GBP/USD 1.2590

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC