ドル円はしっかり 米利上げの一旦停止への期待が下値サポート=NY為替

為替 

 きょうのNY為替市場はドル売りの動きが優勢となっているものの、ドル円はしっかりとした値動きを続けている。ロンドン時間の朝方に126円台に急速に下落した。日銀の黒田総裁が衆院予算委員会で出口戦略について、「市場の安定を確保しながら遂行することは十分可能だ」と述べたことに市場が過度に敏感に反応しただけのようだ。総裁は「当面は金融緩和を続けるべきだと思う」とも語っていた。

 しかし、NY時間に入ってドル円は127円台に戻している。きょうも米株が上昇しており、リスク選好の円安がドル円を支えている。前日のFOMC議事録を受けて、FRBの利上げが秋にも一旦停止するのではとの期待感がサポートし、市場もやや落ち着きを取り戻しているようだ。

 ただ、ドル高期待が一旦後退している中で、ドル円が再び130円台を目指して積極的に買い上がる雰囲気まではいまのところない。

USD/JPY 127.33 EUR/JPY 136.43
GBP/JPY 160.17 AUD/JPY 90.25

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標