スナク英財務相の超過利潤税はポンドを支援との見方も=NY為替

為替 

 きょうの市場はリスク選好の雰囲気が広まる中で、ポンドドルは買い戻しの流れが続いており、一時1.26ドル台を回復していた。しかし、1.26ドル台では上値抵抗も観測され、現在は1.25ドル台後半で推移している。

 スナク英財務相がきょう、石油・ガス会社の利益に25%の超過利潤税を課して約50億ポンドを調達し、国内の貧困層800万世帯余りに650ポンドを一回限り支給する法案を発表した。電力会社にも適用する可能性は排除していないが、それにはさらなる作業が必要だと語った。

 市場からは、この財政刺激策でポンドは上昇する可能性があるとの声も聞かれる。刺激策により景気後退への懸念が緩和され、高インフレ対応に躍起となっている英中銀に自由度を与えるという。

 英中銀は現在、追加利上げ姿勢は堅持しているものの、成長への配慮から、慎重姿勢も垣間見せ始めている。市場は、英中銀は次回の金融政策委員会(MPC)で0.25%ポイントの利上げを実した後は、利上げを一旦停止すると見ている。

GBP/USD 1.2580 GBP/JPY 160.12 EUR/GBP 0.8526

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標