株安のなかでドル円は一時127円に接近、ユーロ買いとポンド売りも=ロンドン為替概況

今日の為替 

株安のなかでドル円は一時127円に接近、ユーロ買いとポンド売りも=ロンドン為替概況

 ロンドン市場は、ドル売りが先行。ナスダック先物が大幅安となるなかで米債利回りが低下し、ドル売り圧力が広がった。ドル円は127円台後半から下押しされて、一時127.09レベルまで安値を広げた。その後はやや株安が一服し、127円台半ばへと下げ渋っている。ユーロ相場は買いが優勢。ユーロドルはドル安圧力とともに、ラガルドECB総裁が再び第3四半期にはマイナス金利を脱却との見通しに言及し、買いを誘った。ユーロドルは1.06台後半から一時1.0736レベルまで上伸。その後も1.07台を維持している。ユーロ円は136円近辺でサポートされており、136.80付近まで一時上昇。ただ、大台替わりはなく上下動している。ポンドが売られている。序盤はポンドドルが1.26手前まで買われる場面があったが、5月英PMI速報値が予想外に弱い数字となり急落。1.2475レベルまで安値を広げた。戻りは1.25台前半までと限定的。ポンド円も160円台半ばから一時159円台割れとなった。ユーロとポンドが対照的な値動きとなったことで、ユーロポンドは0.84台後半から0.85台後半へと大きく買われた。足元では、株安の動きは一服しているが、欧州株、米株先物ともに引き続きマイナス圏で推移している。

 ドル円は127円台半ばでの取引。東京朝方につけた128.08レベルを高値に、その後は米債利回り低下とともに下落。ロンドン序盤には127.09レベルまで安値を広げた。足元では127円台半ばへと下げ渋っている。

 ユーロドルは1.07台前半での取引。1.06台後半での揉み合いから一時1.0736レベルまで急速に買われた。ラガルドECB総裁が再び第3四半期にはマイナス金利を脱却との見通しに言及し、買いを誘った。その後も1.07台を維持して高止まり。ユーロ円は136円台での上下動で方向性に欠けている。対ポンドではユーロが大幅に買われている。

 ポンドドルは1.25近辺での取引。序盤にはドル売り圧力で1.2599レベルまで買われたが、大台に乗せられず。その後発表された5月英PMI速報値が予想外に弱い数字だったことで急落、安値を1.2475レベルまで広げた。その後の戻りは1.25台前半までと限定的。ポンド円も160円台半ばから158.75近辺まで急落。戻りは129.60台までにとどまっている。ユーロポンドが大幅上昇。0.84台後半から0.85台後半へと急伸している。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

マネーパートナーズFX 54

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.4 銭(原則固定・例外あり)

みんなのFX 46

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

SBIFXトレード 40

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.88 銭(原則固定・例外あり)

※スプレッド調査日:12月15日
外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年12月24日午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 47

ドル円 30
豪ドル円 13
トルコリラ円 32

GMOクリック証券 47

ドル円 35
豪ドル円 22
トルコリラ円 37

FXプライムbyGMO 46

ドル円 40
豪ドル円 16
トルコリラ円 39
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC