再送:株安の動きが円買い誘うも、週末を前に昼頃から様子見=NY為替概況

今日の為替 

 今日のNY市場では株安の動きが重石となりドル円、クロス円の売りを誘う場面が見られた。

 昨日のNY市場引け後に発表されたネットフリックスの決算発表において、1-3月期の新規会員数見通しが市場の失望を誘い、時間外で大きく下げてた同社。米国市場が開くと寄り付きで20%を超える下げとなり、ナスダックが大幅安。前日まで5営業日連続で下げていたダウ平均もマイナス圏でスタートいう流れに。

 こうした動きを受けて113円60銭近くまでドル円は下落。東京昼頃の安値をわずかながら下回る動きを見せた。しかし、その後は株にいったん買い戻しが入り、ダウ平均が安値から400ポイント超、ナスダックも何とかプラス圏回復といった動きを見せる中で、ドル円、クロス円にも買い戻しが入った。

 もっともこうした買い戻しも続かず。株式市場が再び反転すると、上値の重い展開に。

 ただ週末を前に下を積極的にトライする勢いもなく、主要通貨はもみ合いとなった。

 来週は米連邦公開市場委員会(FOMC)が控えている。3月に終了予定のテーパリングの最中であり、今回のFOMCd絵の金融政策の変更の可能性は低い。市場の注目は声明などで3月の利上げをはっきりと示唆してくるかどうか。複数回の追加利上げ見込みなども含め、タカ派姿勢が目立つようだとドル買いとなる可能性があるだけに、いかに目先が重くても、週末前に113円台半ば割れトライは厳しかった。

MINKABU PRESS

※一部のシステムの配信されていなかったため再送します。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 3
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC