歩調を合わせる形でユーロ円も売り強まる フィボナッチ水準が131.50円付近に=NY為替

為替 

 きょうのNY為替市場はドル円の戻り売りが強まっており、歩調を合わせる形でユーロ円も売りが強まっている。一時131円台まで値を落としており調整の動きが優勢となっているようだ。この2日間の下げで過熱感も一旦落ち着いてきているが、各移動平均からはまだ、かなり上方かい離している状況だ。そのような中で、フィボナッチ38.2%水準が131.50円付近に来ており、目先の下値メドとして意識される。

 ユーロも円もキャリー取引の資金調達通貨として魅力的な位置にある。その中でもユーロの金利は依然としてマイナスで推移している状況。ECBが予想外に緩和的な政策スタンスを変更しない限り、ユーロは今秋も理想的な資金調達通貨になるはずだという。

EUR/JPY 132.04 USD/JPY 113.51 EUR/USD 1.1633

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC