ドル円は109円台後半に上昇 本日は不美人投票のドル買いの雰囲気も=NY為替

為替 

 きょうの為替市場はドルの買い戻しが優勢となっており、ドル円も109円台後半に上昇している。前日の米消費者物価指数(CPI)は強い内容となり、インフレ警戒感を示した。しかし、市場の反応は逆で、米国債利回りは低下し、ドルも売りが優勢となっていた。市場には、強いCPIにもかかわらず、FRBは慎重スタンスを堅持するとの見方が広がっている。来週のFOMCではインフレ上昇は一時的で、出口戦略は時期尚早との見解が繰り返されるとみられているようだ。

 ただ、前日のECB理事会のハト派な雰囲気や、日本の消費者物価指数(CPI)がデフレぎりぎりの状態にある中で、日銀の行動も期待薄の中、ユーロも円も買えず、本日は不美人投票でドルに資金が集まっている可能性もありそうだ。一部からは中央銀行からの過剰流動性の供給が続く中で、キャリー取引を推奨する声も出ている。その意味では円やユーロは売られ易い環境下にはある。

 ドル円は日本時間0時のロンドンフィキシングにかけて買いが強まっており、109.85円近辺まで上昇。110円台を試す雰囲気まではまだなさそうだが、きょうの上げで21日線でしっかりとサポートされている形となっている。

USD/JPY 109.83 EUR/JPY 132.82
GBP/JPY 154.97 AUD/JPY 84.47

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ -5
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC