広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ユーロが下落、オランダ中銀総裁がユーロ高けん制発言=ロンドン為替概況

今日の為替 

ユーロが下落、オランダ中銀総裁がユーロ高けん制発言=ロンドン為替概況

 ロンドン市場は、ユーロが売られている。このあとの米FOMC会合結果、パウエルFRB議長会見を控えて、様子見ムードが漂う中で、クノット・オランダ中銀総裁が「ECBは必要であればユーロ高に対処する手段を有している」と述べたことが報じられた。ユーロ相場は、朝方に発表された独仏消費者信頼感の予想以上の低下で上値重く推移していたが、発言報道を受けて売りが加速。ユーロドルは1.2120近辺、ユーロ円は125.80近辺まで下押しされた。欧州株や米株先物は売り圧力が根強く、下げ渋るの場面も上値を抑えられている。ただ、ユーロ以外の主要通貨の値動きは限定的。ドル円は103.80近辺へと小高く推移。ポンドドルは1.3760近辺まで買われたあとは1.3720台まで反落。その後は揉み合いとなっている。豪ドル/ドルは株安の動きもあって0.77台前半でじり安。ポンド円は142円台半ば、豪ドル円は80円台前半で方向感に乏しい動きとなっている。

 ドル円は103円台後半での取引。このあとの米FOMC会合結果、パウエルFRB議長会見を控えて、様子見ムード。ユーロドルが下落したことでややドル買いの動きがみられ、高値を103.80レベルまで小幅に広げている。欧州株や米株先物が軟調に推移しており、リスク警戒のドル買いの面もあったようだ。ただ、東京安値103.59レベルからは20ポイント程度の小動きにとどまっている。

 ユーロドルは1.21台前半での取引。東京市場での1.2160付近での揉み合いを下放れている。2月の独GfK消費者信頼感はマイナス15.6と予想外の落ち込み。1月仏消費者信頼感も92と予想を下回った。新型コロナ対応のロックダウン措置などが消費マインドを冷やしている。ユーロがじり安となったところで、クノット・オランダ中銀総裁が「ECBは必要であればユーロ高に対処する手段を有している」との発言が報じられた。ユーロドルは1.2120近辺まで一気に下落。ユーロ円も126円台割れから125.78レベルに本日安値を広げた。その後の戻りは鈍い。対ポンドでもユーロは売られている。

 ポンドドルは1.37台前半での取引。ロンドン朝方には1.3759レベルと前日からの高値を更新した。しかし、その後はユーロドルの下げとともに1.3721レベルまで下押しされた。全般的には方向性に欠ける振幅となっている。ポンド円は朝方に142.66レベルの高値を付けたあとは142.30台まで反落。その後は対ドルとともに揉み合いとなっている。ユーロポンドはユーロ売りの面が強く、0.8850付近から0.8820台へと押し下げられている。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 56

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 125
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 54

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 113
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 23
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外為どっとコム のアプリ詳細

ヒロセ通商 50

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 117
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
ヒロセ通商 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます