ドル買い先行もその後は一服、米欧株堅調で、ドル円は105円前後=ロンドン為替概況

今日の為替 

ドル買い先行もその後は一服、米欧株堅調で、ドル円は105円前後=ロンドン為替概況

 ロンドン市場では、ドル買い先行も、その後は調整が入った。ロンドン朝方にはポンドドル1.2676レベル、ユーロドル1.1672レベルと、前日から一段とドル高が進む動きをみせた。ドル指数は約2カ月ぶりのドル高水準となった。しかし、欧州株や米株先物が堅調に推移するなかで、リスク警戒のドル買いは薄れ、次第にドル安方向へと調整が入っている。ポンドドルは1.27台前半へと買い戻され、ユーロドルは1.1719レベルに高値を広げた。ドル円は105円付近での揉み合いに終始。クロス円は下に往って来いと方向性に欠けた。ユーロ円は122.50台まで下落したあとは、123円近辺へと反発。ポンド円は133円台前半から後半で下に往って来い。9月ユーロ圏PMI速報値は、製造業が改善する一方で、非製造業は悪化とまちまちの内容だった。英PMI速報値は前回から低下したが引き続き50を上回った。バルニエEU首席交渉官は通信社の英国内市場法案についての質問に対して、コメントを拒否している。

 ドル円は105円近辺での取引。前日からのドル買いの動きを受けて、東京市場では高値を105.20レベルまで伸ばしたが、その後は上値を抑えられている。ロンドン朝方には105円台割れとなる場面があった。欧州株が堅調に推移しており、リスク警戒型のドル買い圧力が後退している。ただ、下押しの動きも限定的で105円を挟む水準で揉み合っている。

 ユーロドルは1.17台前半での取引。前日からのドル買いの流れを受けて、ロンドン朝方には1.1672レベルまで一段安となった。ドル指数は約2カ月ぶりのドル高水準となった。しかし、欧州株や時間外取引の米株先物が上昇するなかで、ドル買いに調整が入り、1.1719レベルまで買い戻された。ユーロ円は朝方に122.58レベルまで売られたあとは、反転して123.05レベルまで買われた。9月ユーロ圏PMI速報値は、製造業が改善する一方で、非製造業は悪化とまちまちの内容だった。JPモルガンが英EU離脱で資産2300億ドルをドイツにシフト、と報じられており、ポンド売り・ユーロ買いを連想させた面もあったようだ。

 ポンドドルは1.27台前半での取引。東京午後に1.27台を割り込み、ロンドン序盤には1.2676レベルまで安値を広げた。その後はユーロドルと同様に買い戻しが入り、1.2740台まで上昇した。ポンド円は133.70台から一時133.14レベルまで下落したが、その後は欧州株高などを受けて133.70-80レベルへと買い戻された。ユーロポンドはポンド売り先行も、その後は一服。9月の英PMI速報値は製造業、非製造業ともに前回から低下したが引き続き景気分岐点の50を上回った。バルニエEU首席交渉官は通信社の英国内市場法案についての質問に対して、コメントを拒否している。ブレグジット関連の不透明感は続いている。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

DMM FX 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

YJFX! 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)

GMOクリック証券 92

ドル円 0.1 銭(原則固定)
ユーロ円 0.3 銭(原則固定)
ポンド円 0.6 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 51

ドル円 7
豪ドル円 4
トルコリラ円 21

DMM FX 48

ドル円 8
豪ドル円 4
トルコリラ円 ---

みんなのFX 48

ドル円 7
豪ドル円 4
トルコリラ円 21
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標