【中銀チェック】トルコ中銀は5会合連続の大幅利下げか

為替 

本日20時にトルコ中銀金融政策会合の結果が公表される。
昨年7月に新総裁が就任して以降、4会合連続で利下げを実施しているトルコ中銀。利下げサイクル開始前は24.00%に達していた政策金利は12.00%と半分の水準になっている。
一回ごとの利下げ幅は7月会合が4.25%、9月会合が3.25%、10月会合3.50%、12月会合が2.00%となっている。直近の2%は政策金利の変更幅としてはかなり大きいが、一応少しずつ利下げ幅は縮まっている。
今回の会合でも利下げが見込まれている(一部では据え置き見通しも出ている)。
予想の中央値は12.00%→11.25%の0.75%利下げ。
もっとも専門家予想で最も多いのは11.00%の1.00%利下げ。いずれにせよ、5会合連続での大幅利下げ見通しが大勢に。
エルドアン大統領がより低い金利水準を望む姿勢を崩しておらず、利上げを続けていた前総裁を事実上解任して、現総裁が就任してきた経緯から、
今回も大統領の移行を意識した利下げ実施が見込まれるところに。
今日のドルトルコリラが5.88台から5.87台半ばまでドル安リラ高が進行しているように、利下げを織り込み済みの相場展開となっているが、予想をさらに超えた大幅利下げがあるようだと要注意。一部で予想されている据え置きに万が一決まった場合も要注意。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標